【ある日の山暮らしVlog】雪の日に犬と遊んでコーヒー飲んで

例年に比べて雪が少なくて心配してましたが、2月の中旬になって僕の暮らす山陰の山もやっとしっかり積雪があったので、犬と遊んで、自家焙煎のコーヒーを飲みました。

というVlog↓(ある日の山暮らしというなんとも言えない日本語)

【ある日の山暮らしVlog】雪の日に犬と遊んでコーヒー飲んで

***

テキストやスチールだけでは伝えられないもの、伝わらない層があると考え、YouTubeに動画をアップして行こうと考えていた矢先に大雪が降った。そこでiPhone片手に外に出て撮影したのがこの動画。

iPhoneは7なのでまあまあ古いけれど、画質も音もそこそこで悪くない。もはや総スマホ時代には、機材がないから出来ないという言い訳は通じないという事だろう。

でもやっぱり映像にスマホっぽさが残って凡庸なところがあるから、カメラは別のものが良いなと思う。スマホはレンズのセンサーサイズの限界から逃れられない。

Sponsered Link

SonyのRX100M3も持っているのだが、先月の音楽ライブ撮影中に他のオーディエンスに突進(モッシュ?)されたことにより、カメラが吹っ飛んで故障からの修理という状態なのが悔やまれる。修理代金は1万8千円との見積もりがきている。

あとは色々と動画を作って編集技術をつけていきたいと思っている。上の動画でもカラーグレーディングに挑戦したが、めちゃ難しかった。練習あるのみである。今はBlackmagic DesignのDavinci Resolveというスーパーな動画編集ソフトがタダで使える時代なんですよ!

僕たちはコミュニケーションの手段として、話し言葉や書き言葉を習得してきたわけで、細分化すれば、雑談、スピーチ、議論、ディベート、エッセイ、論文、ツイッターなどで言語を交換している。今はみんなカメラを持ち歩いているので、写真でのコミュニケーションが今までになく盛んだ。そして4G以降は動画が爆発的に増えたのは皆の知るところであろうと思うし、電車の広告も動画主体になってきた。

パピルスの時代にはみんながみんな文字を操れる必要はなかったが、現代ではそういうわけにはいかない。すると動画の撮影編集ができないという事は、現代のコミュニケーションには致命的とも言えるのではないかと思えてくる。

それもこれも、いかに相手にとって伝わりやすい表現方法を取れるかという「思いやり」の話なんだと思う。テキストが適切だと思ったらテキストを使い、写真なら写真、そして動画が効果的なときにはやっぱり動画という事。

自分がどう伝えたいかではなく、相手にどう伝わって欲しいかがコミュニケーションなんだろうと思う。

Sponsered Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました