登山は縦走するとより楽しい。三瓶山プチ縦走(西の原→男三瓶→子三瓶→西の原)

2020年1月25日土曜日 天気:曇り

後々考えてみれば旧暦令和2年1月1日の旧正月だったこの日、久々の登山のために島根県の三瓶山を訪れた。訪れたとはちょっと言い過ぎで、もはや近所の山である。登ろう登ろうと思ってもこれまで機会がなかったのは、近すぎるがゆえであろうか。

この冬は全国的に降雪量が少ないが、それは山陰の島根も同じ。三瓶山には潰れたスキー場があるくらいそこそこに雪が降るものなのだが、今シーズンはまだこの辺では雪道を運転していないくらいだ。この数日前は三瓶山も少し雪化粧をしていたが、この日は見る影もなかった。しかしそのお陰で気楽に登れるのでもある。

Sponsered Link

(この記事の写真全ての左上に斑点が写り込んでいるのは、数日前のライブの撮影で他の観客が突撃して来たことでカメラが吹っ飛んで壊れたから。それによって背面モニターも映らなり、ポップアップ式のファインダーも戻らなくなるなど、なんとも悲しい状態に)

西の原から林内に入ると単調なトレイルでぐんぐん高度を稼いでいく。西の原が標高400mほどで、男三瓶が1126mだからこれはあっという間に着くなという感じ。

登山が久しぶりすぎて何を着ていいかわからないどころか、スノーウェアしかなかったので少し厚着がすぎた。暑すぎた。それに靴もソールの磨り減ったトレランシューズを履いていくという始末。

ほどなくして視界が広がりだす。右手は子三瓶、振り返ると中国山地の大パノラマ。独立峰ならではの開放感を携えながら、男三瓶山、女三瓶山、子三瓶山、孫三瓶山、太平山、日影山が室ノ内という火山湖を中心にグルリと隣接しているので、互いが互いの絶好の展望台となる。

男三瓶の頂上付近の樹木が白くなっているのが、遠目では枯死しているんじゃないかと思ったが、まさかの樹氷であった。この日の前日から朝にかけて我が家のあたりでも突風が吹きすさんでいたから、それによるものだろう。

気温の上昇とともにハラハラと氷が落ちる様と音がなんとも心地よい。草原も氷の花が咲き乱れていて、一層非現実的な様相を呈していた。

山頂へはボチボチやりながら1時間20分くらいでついた。

三瓶エリア観光ナビが作成した登山マップによると1時間40分から2時間20分と書いてあるので、まあこんなもんか。写真も撮らずトレランでいけば余裕で1時間は切れるだろうなという感じ。

僕はこの日、下の地図のオレンジのラインを西の原登山口から男三瓶山までまっすぐ登って来た。久しぶりの登山だし、サクッと登ってサクッと帰るつもりでもあったが、案の定物足りなくなった。

多くの人は山頂でそれなりにゆっくりするものなのかもしれないが、僕はあまりそこに興味がない。山頂のおかげでその過程を楽しめるけれど、かと言って山頂に長居したいわけではない。わざわざ山に登ってまで人の多いところに居たくないだけ、という天邪鬼なだけかもしれないけれど。

というわけで、上の地図の紫の線をたどって子三瓶山まで縦走することにした。

誤解を恐れずに言うならば、登山が楽しいのは縦走路に入ってからだとすら僕は思っている。もちろん登山口から山頂までも楽しいが、縦走路ではそれまでの山を見上げるという視点から、山目線での移動に転ずる。

Sponsered Link

ただただ高度を稼ぐだけでもなくなるから縦走路の方が楽だし、すでに高度があるからトレイルからの展望も抜群だ。尾根歩きの天空感は半端じゃない。

そして、当たり前だけれど、男三瓶山に登ったら男三瓶山を見ることはできない。スカイツリーに登ってもスカイツリーは見られない。ならば隣接する山まで縦走路を歩けば、男三瓶山の最高の展望台に行けるということになる。

だから、体力に余裕のある人で縦走を未経験の人はぜひ試して欲しいと思っている。しかし縦走に懸念点があるとすれば、一般的には行程が格段に増えることにあるし、車を駐車したところの関係上、その道を往復しなければならないとすれば大変だ。

その点、三瓶山が素晴らしいのは(or楽なのは)、周回コースを歩きながら縦走できることにある。しかも男三瓶までの行程もたかが知れているから、これくらいならまだまだ物足りないという人も多いだろう。こんなに気楽に縦走できる山はそうそうない。

それでいて独立峰ならではの開放感があるし、森林帯を過ぎてからのトレイルの景観も素晴らしい。関東にあるような大きな山脈と違って、なんと贅沢でわがままな山歩きができるのだろうかと驚くほどだ。

話が長くなってしまったが、縦走路に突入。手前に見えるのが子三瓶山。奥が孫三瓶山。

先ほどの地図にも、このトレイルは『急傾斜、足場悪い』と書いてあるが、まあ気をつければなんてことはないし、ロープも設置されているし。膝が良くない人はちょっと嫌な道ではあるだろうけれど。雨の後などの路面がぬかるんでいるときは結構ズルズル。この日もまあまあズルズルだった。

そういう意味でも、西の原→子三瓶山→男三瓶山→西の原のルートの方がオススメだ。足場の悪い道の下りは気を使うし、どうせならメインの男三瓶をクライマックスにして、それを眺めながら歩いた方が盛り上がると思うし。

男三瓶と子三瓶の鞍部の切れ込みがすごい。この辺に扇沢という分岐があって、西の原方面、子三瓶方面、室ノ内池という火山湖方面に分かれている。室ノ内池は天気の良い別日に譲ることにして、とりあえず子三瓶へ向かう。

1時過ぎには子三瓶山の山頂に着いた。間に小休止を入れても男三瓶山から1時間かからないということか。なんともコンパクトな山だ。

しかも鞍部から子三瓶までの道から眺める男三瓶山の景色が素晴らしいのなんの。振り返っては何度もシャッターを押してしまった。

山頂を10秒ほど満喫して、早速下山。上の写真のような男三瓶を眺めながらのなんとも贅沢な道のりだ。

そして前述の地図上の扇沢から、登山口である西の原に下山開始。やはり登ってきた道を再び降りるより、違った道を帰った方が楽しみが多い。

(ただし、来た道はほぼ確実に帰れるだろうが、違う道から帰ろうとすればトレイルが崩れたりしていて通れないなんて可能性があることは理解する必要がある。その場合ははるばる迂回しなければならないかも知れない。)

西の原から男三瓶までの道より、こちらの方が緑が美しい。その意味でも、西の原→子三瓶山→男三瓶山→西の原のルートをオススメしたい。

ボツボツ歩いて2時には登山口に到着。3時間の山行にしては変化に富んだハイライトだらけの登山だった。三瓶山おいしすぎる。

これは全ルート歩かないといけないね。次は全山縦走かな。

三瓶山の地図は三瓶山観光ナビよりPDFでダウンロード可能。今回僕は登山アプリYAMAPの無料地図を参照したし、国土地理院の地図もネットで見れる。

Sponsered Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました