考え事

【自著】下らない生き方 序章全文試し読み

変わっていていいし、白い目で見られてもいい。自分の中の内なる狂人を外に出してみよう。これは抑圧された狂人が狂人であれるための自己啓発本だ。狂っていていいのだと言うことを、塩を自給自足し、トイレの汚物を畑に還し、小屋を人力のみで建て、挙げ句の果てには轢かれた動物を食べる筆者の狂った生活の描写を通して語られる。
生活

検索するほど植樹につながるエコな検索エンジン「Ecosia」

Google一強の検索エンジン業界にベルリンのスタートアップ「Ecosia」殴り込みをかける。Ecosiaが検索によって得た収支は全てユーザーに開示され、収益の80%が植樹に使われる。使用感も全くストレスがないし、セキュリティレベルも高い。
生活

野良仕事にポッドキャストをSpotifyで

僕が畑や裏山などで野良仕事をしたり、家周りのDIYをしている時のお供にはSpotifyを利用している。音楽ももちろん聞くが、ポッドキャストを聞くことが多い。ポッドキャストといえばアップル社のイメージであると思うが、実はSpotifyでも聞けるのはあまり知られていないかもしれない。
考え事

ジョージ・オーウェルの『1984』と現代日本

時々散見される「オーウェル的世界」という言葉が作家ジョージ・オーウェルの代表作『1984』が描いた全体主義的ディストピアを形容していることからも、もはや一般教養的書物なんだと思えるが、それだけこの世界観は現実的示唆に富んでいる。衝撃的なほどに。そして日本はこの世界が描くところに向かっているとさえ僕には思える。
生活

COULAX 安くてまあまあ十分なスマートウォッチ

手が泥だらけでも、雨が降っていても、高所作業中であっても、手首でインスタントに通知を確認できることがこんなに楽だとは。運転中もいい。スマートウォッチを使う前は、SNSなどのデジタル依存になるんじゃないかなんて思いもしたが、結果はその逆。無駄にスマホに触る機会が減るから、かえって現実世界にコミットする時間が長くなる。
考え事

不耕起でよみがえる 岩澤信夫

田んぼを耕さず、冬から水を入れる「冬期湛水不耕起移植栽培」を考案した岩澤信夫氏の著。野性の力を引き出して、豊かな生態系に農薬や肥料の代わりをしてもらう。米作りの指南書であると同時に、いかに田んぼ作りによって生態系の循環を取り戻すかというネイチャーライティング。田んぼをしない人にも読んでもらいたい一冊。
DIY

りんご箱リメイク

りんご箱をサクッとDIYでリメイク。リメイクと言っても丸ノコで真っ二つに切断して廃板と釘で開いている面を閉じただけ。
DIY

シモン 牛本革手袋

丈夫で、グリップ性も必要十分で、結構細かい作業にも強い。田舎暮らしにおける最も汎用性の高い手袋が革手袋だと言っても過言ではないかもしれない。
DIY

鉄パイプ鉈

破損した柄を鉄パイプを溶接して補修した「鉄パイプ鉈」。柄が金属でできている共柄(ともつか)は破損の心配がないヘビーデューティーな道具なので安心感が違う。バトニングにも最適
生活

杉の葉は最強にエコな焚き付けだ

杉の葉は最高の焚き付けの一つだと思う。しかも杉の植林は日本中のいたるところにある。
生活

工進(KOSHIN)の充電式草刈機36Vは未来の草刈りを実現する

エンジン式を使用している人には馬鹿にされていそうな充電式草刈機。しかし工進の36Vの充電式草刈機なら、運転時間もパワーも十分。笹のような硬い草もバシバシと刈れる。エンジン式よりも充電式の方がニーズに合っている人が結構いるのではと思える逸品。
生活

ハスクバーナ生分解性チェーンオイルで森に優しい伐採ライフ

愛用している生分解性のチェーンソーオイル。植物性で匂いはまるで天ぷら油のよう。環境に優しいのはもちろん、肌に触れても嫌な感じがないので、メンテナンスも気楽。
タイトルとURLをコピーしました