シモン 牛本革手袋

普通の軍手から、手の平にゴムのついた薄手の背抜き手袋まで、各種手袋難民を経てたどり着いたのが牛の本革手袋。布生地の手袋は安物もちょっと良いものもハードな使い方をすると早々に穴が開いてしまうし、それが石油由来のゴムや生地のものだと、その破片を環境中に放出することが気になっていた。

本革は最初は少し硬いが、ご存知の通り次第に柔らかくなって手に馴染む。ゴムがついているわけではないのでグリップ性は少し劣るが、かと言って、綿だけの軍手のようには滑らない。鉈を振うにも十分なほどにグリップする。

Sponsered Link

手に引っ付かないから着脱も容易なので、素手作業とも併用しやすい。裏返ったりもしない。そういえば、手袋を外した後の手の匂いがそんなに気にならない。天然素材はあまり臭くならないものだ。

何よりも安心感のあるのがその質実剛健さだ。建物の解体から林内での伐採作業まで、危険作業は得意分野である。それでいて農作業にも使えて、鍬での開墾に適しているのは想像に硬くないが、大豆の豆まきくらいの細かい作業もストレスがない。

直火を使うときに最高なのは言うまでもないことで、アウトドアアクティビティーでも確実に力を発揮する。僕はもうこの手の手袋から離れられないと思う。

シモン 牛本革手袋

(僕はワークマンで780円で買いました。その方が安い。)


Sponsered Link

Spread the love
百姓2.0/自給リスト(自足に限らず);野菜、米、塩、味噌、建築、トイレ、経済、国家、獣肉(拾い物)、書籍、映像、音楽 etc /自著『旅をふりかえる旅』https://amzn.to/2Wb1mNs、『下らない生き方』https://amzn.to/2ZEjgKf /
投稿を作成しました 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る