DIY

ボロい鉄骨小屋を温室的な小屋に改造。しかも吊り戸。

我が家の入り口にはトタン屋根のほとんど吹っ飛んだ鉄骨造の小屋がある。昨年この地に引っ越してきてからも突風の日に一枚剥がれて飛んだ。もはや危険建築となっていたので、取り壊すか直すかする必要があった。

とてつもないゴミダメだったので、ここまで片付けるだけで超一苦労だった。2槽式の洗濯機が6台くらいあった。だから僕は家電リサイクル法の被害者みたいなもんだ

土台部分は錆びたり腐ったりでカスカスになったり、ひん曲がったりしているが、まあどうにか使えそうという結論になり、直す方向で考えることにした。小屋のサイズもさほど多くないし、そんなに修繕も大変じゃないだろうし。もちろん小屋があれば便利だし。

色々考えて、ちょっとした温室のようなものにすることにした。そうすれば寒冷地であるここ島根の山村でも作物の栽培に有利になるし、保存のための野菜の乾燥から、冬や梅雨時期の洗濯物の乾燥にも利用できるはずだ。

ビニールハウスのように密閉はしない。各所隙間だらけ。その方が施工も楽だし、乾燥目的ならいいはずだろう。

材料はできる限り廃材を利用し、足りない部分は自然の恵みをいただく。木なら裏山から取ってこれる。

Sponsered Link

屋根の垂木を取り付ける

ちょうど似たような厚みの廃角材いくつかあったので、これを屋根の垂木に使うことにした。しかし長さが足りなかったので、昨秋に倒しておいたヒノキの細いところを使って間をつなぐことにした。

ヒノキの丸太はできるだけまっすぐなものを選んだつもりだが、実際は結構曲がっている。それをどうにか角材の垂木にビスで固定した。屋根を葺く上方にも少し膨れているが、波板を貼るつもりだから問題ないだろう。

垂木自体は元々鉄骨にあいていた穴に合わせてボルトで固定してある。

棟には10〜15cmくらいのヒノキの丸太を乗せた。これが5m弱の一本ものなので、メチャメチャ重くて大変だった。

屋根にポリカーボネートの波板を葺く

実際は次に壁の施工をしているのだけれど、先に屋根の話をしておくことにしよう。

本当は廃材などのありものの素材や、自分の力で工面できる間伐材のようなものだけで済ませたいのだが、ビスなどはもちろん、屋根材は買ってくる必要がある。

物の溢れる時代だからこそ新しい物を買うのには慎重になりたいと思っている。これ以上モノで世が満たされるのはごめんだ。そんなこともあって以前は焼杉を屋根材にしたことがある。ただし、屋根としての精度は決して高いと言えるものではなかったし、耐久性も今の所不明だ。土砂降りの時は雨がもる。でも大体の雨は耐える。だから別に失敗とは思ってない。

温室的なものにするために、屋根は透明なポリカーボネートを使うことにした。スペック的にも10年持つと言われ、実際はもっと長く持ちこたえるようだし、強度も高い。石油製品なのが気になるところなのは、こういうものはボロボロになったときにマイクロプラスチックを撒き散らすからだ。そしてその辺に捨てておくわけにもいかない。例えば茅葺屋根だったら家が朽ち果てても大地にそのまま戻っていくだけだ。古民家に越してきてからというものの、そういう厄介なゴミを大量に整理した。そして僕もまたそんな素材を使っている。

それでも施工の際に少し閉口してしまったのは、ポリカーボネートを切断するときや、ドリルで穴あけするときにはこれでもかとプラスチック片が吹き飛んだことである。外で作業していたから環境中に撒き散らしてしまった。

波板を切らずに施工できれば一番だったのだけれど、軒は強風地帯で5cm、通常で10cm以内に抑えた方が良いようなので、短くする必要があったのだ。

波板を留めるのには傘付きの波板ビスを使った。釘だと高が知れているのだが、ビスになると途端に値段高くなるので正直迷ったが、ミスってもやり直しが効きやすいことを考えてビスにした。傘くぎは取り外しが大変だからだ。それに、いずれポリカ屋根が古くなって取り外すことになったとしても、ビスなら外す際にポリカを割ってしまうようなこともないだろうから、防水の必要がないところなどに再利用できるかもしれない。

幸い、12連結の波板ビスなら少し安いことがわかったので、これを選んだ。連結でないものだと100本入りで1本23円くらいするが、連結だと一本17、8円くらいだ。今回のような小さな小屋でも300本は使ったから、結構バカにならない違いとなる。

棟の部分は専用のポリカ波板を取り付けたのだが、これもまた高くて困った。小さいくせに一枚1000円もする。正直安い塩ビ製にしてしまうことも考えたが、塩ビの耐久性はポリカよりも断然短いので、先に交換対象になってしまう。ポリカ屋根の上は乗りたくないので、これでは安物買いの銭失い以外の何者でもない。

Sponsered Link

だから黙って全てポリカにすることのが良いと思う。棟もビスも。

棟板を取り付けるのに、棟木は必要ないことがわかってしまった。最も棟に近い垂木2本にまたぐように棟板を乗せてビス留めすれば良いのだ。でも、僕は棟木に固定する気満々だったので、垂木の幅が少し広すぎて、場所によっては棟木にもビスを打たねばならなくなった。


壁にハウス用ビニールを張る

三方の壁は塩ビの波板が付いているのでとりあえずそのままにして、前方の壁をハウス用のビニールで貼ることにした。これもいずれボロボロになるので最初は使うのに二の足を踏んでいたのだが、我が家に残置されていたものが使い古しながらそれなりにしっかりしてるし、寿命を全うしてもらうことにした。

流石に釘やビスでビニールを打ち付けてもすぐに破れてしまうので、色々考えた末に、板を細く切ったものを使い、面でビニールを固定することにした

未固定の部分を片手で引っ張りながら、順々に細板を打ち付けていった

そして余ったところをカッターナイフで切り取って完成。

この調子で全面のビニールを張り終えた。鉄骨にもドリルで穴あけ後にビスを打ち込んだ。そんなにがっしり決まってないけどまあ良いや。

ちなみにビニールの下部は打ち付ける木部が存在しなかったので、土に埋めることにした。

扉を吊り戸にする

この小屋で、唯一自慢しても良いだろうと思うのが、入り口の扉である。実はこれは吊り戸になっているので、入り口に段差がないバリアフリーを実現することができた。

段差がないから一輪車でそのまま侵入することができる。農業系の役割の大きい小屋だけにこれはポイントが高い。自慢したい笑

写真だとわかりずらいが、吊り戸のレールは角材に直径6mmくらいの鉄の棒を固定したものを自作した。この棒は我が家の巨大籾殻乾燥機を解体した時にゲットしたパーツだ。この棒にドリルで穴を開けて、ビスで角材と固定した。そしてビスと棒との段差はグラインダーで整えた。

上の写真は建物の内側から撮ったもの。扉の情報に車輪が付いていて、こいつが鉄棒のレールの上を走るという構造。この車輪はおそらくガラス建具かなんかから取り外したもので、我が家にはこんなものが大量に残置されていたのだ。この車輪が扉の左右に一つづつ付いている。

そんでもって、ただ乗っかっているだけの扉が落ちないように、レールを挟み込むように木材を固定した。

扉下部も風邪で煽られないようにガイドのようなものをつけた。上の写真の左下の黒い物体であるが、これはただの鉄パイプを地面に打ち込んだだけである。

これで大雨警報の風の強い日も乗り切ったからまあまあちゃんとできているのだろう。

小屋を直してみて

物を直し直し使う、というのは言葉だけはとにかく綺麗だけれども、実態は必ずしもそうとは言えないなと思う。

ポリカーボネートの破片を撒き散らしたこともそうだが、そもそも小屋を直すことにしなければ、ポリカの屋根を買ってくる必要もなかったのだから、そのまま解体してしまった方が環境負荷は小さかったことになる。物が壊れたって、直したり買い替えたりもせずに、物が一個なくなったまま生きるのがもっともシンプルだ。別に小屋はなかったらなくても生きていける。だからこそ直した以上は大事に使わなくてはならない。と、責任を感じている。

屋根については実は前々から色々と悩んでいるのは、我が家の母屋の屋根も修繕が必要なのである。屋根材は防水性能を考えると、あまり環境に良いとは言えない素材のチョイスばかりなのである。トタンやガルバニウムなどの金属で屋根を葺いたとしても、その下地には防水紙が必要だ。

かといって、杉の皮を引いて、屋根土盛って、瓦をのせるなんてレベル高すぎる(昔の瓦屋根はこのようだった)。いや、やればできるのかもしれないが。

色々悩ましかったのだが、最近はでかい屋根をいちいち直すより、ぶっ壊して、小さな家として組み立てた方が簡単だし、かつ、新たに購入する資材も少なくなるということに気がついた。今回の小屋だって、屋根材だけで4万円くらいかかっている。ならば普通の一軒家となると、それなりにかかる。

しかも幸い、我が家には解体すべき納屋があるので、母屋に住みながらその納屋を小さな家に作り変えるという選択肢が生まれた。

家なんてものは一生もんでもなんでもなく、どうせ直し直し使っていくものだから、小さければ小さいほど、修繕費はもちろん、その手間も軽減されることになる。人生の時間は限られている。そして身分の差もなく平等に時は流れる。(今の所は。もしかしたら金持ちから先に不死に到達するかもしれないが)

現在あるものに何かをプラスするより、一旦解体、すなわちマイナスしてみると、そこに自由に足すことのできるキャンバスが生まれる。

散らかった部屋に何かをプラスしても大した違いはないが、スッキリした部屋へのプラスは大きな違いをもたらすことができるものだ。実はイノベーションとは引き算なんだと思うのは、普段の1の思考を0に戻さないと、0から1を生み出すような破壊的アイデアは生まれ得ないと思うからだ

とにかく現代は物から情報から溢れすぎている。そしてそれらは思考を0にするための引き算の邪魔をする。だからこそ、一旦手放す。捨てる。壊す。そうすることで、大切にする、とか、大事にする、とかいう意味が良くわかるようになる気がする

Sponsered Link

Spread the love
百姓2.0/自給リスト(自足に限らず);野菜、米、塩、味噌、建築、トイレ、経済、国家、獣肉(拾い物)、書籍、映像、音楽 etc /自著『旅をふりかえる旅』https://amzn.to/2Wb1mNs、『下らない生き方』https://amzn.to/2ZEjgKf /
投稿を作成しました 116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る