DIY

ビスと裂き布で作るギターハンガー

ここのところ5年ぶり位に結構ギターを触っているのだが、居間の壁に立て掛けて置くと場所を取るし、ジャーンと音を立てて倒れることもしばしばなので、壁にかけることにした。

既製品を買うのは最後の手段として、かといって木工も手間がかかりそうだと思案していたら、良いアイデアが浮かんだ。

コーススレッド(木ネジ、ビス)を打ち込んで、布でも巻いておけば良い。

思い立ったら早速施工。使ったものは90mmのコーススレッドと、裂いた布。

市販のギターハンガーほどではなくても、十分にクッション性はあるはず。ビスのさらにネックをぶつけたら傷はつくだろうけど。まあ、フェンダギターは傷だらけぐらいの方がカッコいいので気にしない。若気の至りのタバコの後もついてるし。

Sponsered Link

最近アコースティックギターをもらったのでこちらも壁掛け。ヘッドに角度があるので適当な角材の切れ端を壁に打ってから、ギダーハンガー取り付け。こちらは釘だけど、どちらでも良い。

我が家の建具はボロボロなので見せられるのはヘッドの部分だけ。ギターハンガーを取り付けた鴨居は100年ものでなかなか渋い。

というわけで、タダみたいな経費で施工終了。参考にされる方は、ギターへの傷や落下等、自己責任でお願います。

Sponsered Link

Spread the love
カテゴリー: DIY
百姓2.0/自給リスト(自足に限らず);野菜、米、塩、味噌、建築、トイレ、経済、国家、獣肉(拾い物)、書籍、映像、音楽 etc /自著『旅をふりかえる旅』https://amzn.to/2Wb1mNs、『下らない生き方』https://amzn.to/2ZEjgKf /
投稿を作成しました 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る