【あるもんで建築】18.床張りとドア作り 〜コンポストトイレを小屋から持続可能な方法で作る

建物の乾燥促進と防腐効果を期待して5回ほど小屋の床下で焚き火をしたことだし、そろそろ床を貼ろうと思う。ただの焚き火では薪が勿体無いので犬のご飯を一緒に作った。

焚き場としてなかなか使い勝手が良かった。しかし、これではいつまでたってもトイレ小屋にならない。

床には屋根に使った杉板の余りを使い、ドアはありものの板でどうにかすることにした。

Sponsered Link

床張り

床下にはすでに根太の取り付けを終えているので、あとは板を敷き詰めるだけである。焚き火が出来るように真ん中の二本を取り外しできるようにしていたが、これもついに固定する。

板を敷き詰めるだけとは言うものの、補足することがあるとすれば、丸太の柱を避けるべく板に切り欠きを入れなくてはならないこと、そして最後の一枚の床板は余った隙間に合わせて板を縦に切らなくてはならないこと位だろうか。床板は根太に釘で打ち付ける。

板を縦に切るのはその切断する長さもあって大苦戦。何しろノコギリの歯が入って行かず詰まってしまう。そこで試しにノコギリの目立てをしたらスイスイ切れるようになったので驚いた。

目立てのできないことになっている替刃式の衝撃焼入れのノコギリだって、ダイヤモンドヤスリを使えば簡単に目立てができるとは。テキトーな素人仕事でも十分に切れ味を取り戻すことができた。

替刃式のノコギリをダイヤモンドヤスリで目立てする

床に使った板は、隣り合う板同士が凹凸で噛み合わさる「サネ」がついたものではないので少し隙間が空いてしまった箇所も。これは板が反ってしまっているので仕方がない。そのうち木屑に米のりでも混ぜて詰めてみようかとも考えている。

それに壁から光が差しているのでそれも板で埋めないと・・・

ドア作り

小屋作りをしながら「どんなカッコ良いドアを作ってやろうか」なんて考えていたものであるが、外壁が廃材パッチワークになったあたりから、「ドアもこんな感じで十分だろう」と思うようになった。

かくして、少し分厚めの歯切れ板を組み合わせてドアを作ることに。

板を縦に並べて、それに垂直に板を打ち付けて固定。釘が少し長めの物しかなかったので、斜めに打ったのだがこれがなかなか難しかった。

そしてその隙間を埋めるように板を打ち付ける。上の写真で上部に使用した焼杉の歯切れは見た目が気に入らなかったので裏返した。割れないでよかった。

Sponsered Link

当初は角材でドアの縁を作ることを考えていたが、手持ちの木材では重量のある角材しか持っていなかったから、こうやって板のみで作ることで軽量化となった。ドアは重くない方が良い。と思う。

ドア枠のサイズを測ってみると下から上に向けて先細りしていたので(丸太柱の太さは当然一様ではない)、このやり方だと細かい細工を必要としないから楽だ。一番左の板のみ少し傾けて固定して、下にはみ出した部分をノコギリでカットした。

取り付けてみるとこんな感じ。取り付けには蝶番金具を使った。おそらくこの小屋に使った最も近代的なパーツだろう。足でドアを持ち上げ、支えながら一人で蝶番にビスを(ドライバーで)ねじ込むのはなかなか難儀な作業だった。

トイレ小屋とコンポスト。なかなか悪くない見た目。だと思う。

強風で勝手にドアが開いて壊れてしまうのを避けるために外側にカンヌキを取り付けた。我ながら粗末な作りだと思いながらも結構使いやすい。

タコ糸と重りを駆使して自動ドア化しようと思っていたのだが、建物が傾いているせいか、勝手に閉まる(笑)。何もせずに自動ドア工事が終了した。

扉を開けるときに掴むドアノブをつけたいのだが、ちょうど良い木材が見つからないので保留。良さげな天然木を使おうかと思っている。当座はカンヌキのツマミを掴んで開けることができるので問題ないのだけれど。

また、このままでは外からは閉めれても、中からドアを閉めることができないので、とりあえず紐と釘をつけてみた。

もうちょっとイイ方法を思いつきたいところだが、これはこれで使い勝手も悪くない。

もう一つの懸念点は柱がガタガタなので扉との隙間が開いてしまっていることだ。木材を打ち付けて隙間を埋めることもできるが、全てを埋めようと思ったらフランケンシュタインみたいな見た目に拍車をかけてしまうかもしれない。

「隙間だらけのトイレなんか誰も入りたくない」

なんて過去の記事にも書いたが、隙間埋めはそこそこにして、人々の善意に任せることにしようかと考え始めている。

外に「空いてます」と「使用中」が裏表に書いてあるような看板でもぶら下げれば十分かもしれない。

Sponsered Link

Spread the love
百姓2.0/自給リスト(自足に限らず);野菜、米、塩、味噌、建築、トイレ、経済、国家、獣肉(拾い物)、書籍、映像、音楽 etc /自著『旅をふりかえる旅』https://amzn.to/2Wb1mNs、『下らない生き方』https://amzn.to/2ZEjgKf /
投稿を作成しました 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る