健康と環境

健康と環境

県庁から10km!30km圏内に39万人が住む島根原発を訪ねて

日本で唯一県庁所在地にある原発が島根県に存在する。しかも県庁からの距離は僅か10kmほど。そこに新しい原発が作られている。
健康と環境

小麦はグルテンやアレルギーの前に農薬が危ない

アレルギーの人やグルテンフリー食の実践者はもちろん、そうでない人たちも小麦を避けるべき理由がある。それは小麦に使われる農薬だ。いつも食べている小麦は収穫直前にも収穫後にも農薬が散布されている可能性がある。
健康と環境

僕が小麦をやめた理由。私見満載グルテンフリー考。

なぜ何千年も人類の暮らしを支えてきた小麦が健康に悪さをするのか。セリアック病とは、リーキーガットとは、グルテン不耐症とは何か。個人的なグルテンへの体の反応と合わせてグルテンフリーについてまとめてみた。
健康と環境

太平洋ゴミベルトに浮かぶプラスチックゴミは少なくとも7万9千トン

海に流れ出たゴミは遥か彼方で消えてなくなってしまう、、、わけではもちろんありません。それらは海流に乗って遥か遠くまで運ばれていきます。東日本大震災のゴミが遥かアメリカに漂着するように。 サイエンティフィック・レポートに掲載された最新の研究によると、太平洋上はカリフォルニアからハワイの間の160万km2の海域に漂うプラスチックゴミは少なくとも7万9千トンに及ぶとのことで、過去の研究の16倍の数値を示しています。
健康と環境

ボトルウォーターからもマイクロプラスチックが検出

近年、川や海、水道水、海塩、海産物、はたまたビールや空気からまで発見されているマイクロプラスチックですが、ついにペットボトルのボトルウォーターからも見つかってしまいました。9カ国で販売されている11のブランドの259本のボトルウォーターを調査した結果、93%からマイクロプラスチックが検出されています。
健康と環境

化繊ウェアからもマイクロプラスチック。2050年には海にはプラスチックの方が魚より多くなる?

環境活動でも名高いパタゴニア社が近年、化繊製品から剥がれ落ちるフリースの糸くずなどのマイクロファイバーが洗濯機の排水溝から流れ出て、海を汚染していることについてその調査研究に乗り出しています。それ以外にも海には沢山のプラスチックが流れ出ており、近年では歯磨き粉などに含まれるマイクロプラスチック・ビーズの問題も深刻化。海は最終処分場のようになってしまっている。
健康と環境

ミトコンドリアとエネルギー代謝。人はミトコンドリアに生かされている?

酸素がないと体に必要なエネルギーを作り出すことができません。そしてそのエネルギーは僕たちの細胞内のミトコンドリアによって作られています。彼らがいなければたちまちエネルギーを失って機能停止してしまうわけですから、僕たちはミトコンドリアに栄養と酸素を供給し続けます。もはやミトコンドリアのために生きている?そんなミトコンドリアとエネルギー代謝のお話です。
健康と環境

「ナンバ走り」って普通の走り方じゃないの?

「ナンバ走り」というワードは前々から知っていましたし、右足と右腕、左足と左腕を同時に出すランニングフォームだともおぼろげながら知っていました。 ブックオフに行く度に新書コーナーにある「ナンバ走り」の本を何年もの間チェックしていたのですが、やっと購入してちょうど本棚に並べた頃のこと。 そんな時になんとなしに走っていたら、「僕の走り方はナンバ走りでは?」「むしろ自然なランニングフォームはナンバ走りなのでは?」と思い、早速(やっと)本を開いて確認してみると、ランニング中に僕が至った考え方に非常によく似ていたのでちょっとまとめてみました。
健康と環境

長靴登山についてと、町石道(高野山)〜熊野古道小辺路〜大峯奥駈道の10日間スルーハイク

2013年のことなのですが、僕は一度、長靴でのスルーハイク縦走を試したことがあります。日記を読み返してみると(僕は縦走などの時は日記をつけるようにしています。テントの中での一つの余興になりますので)8月28日に九度山駅から町石道(ちょういしみち)を辿って高野山へ向かい、そこから熊野古道の小辺路(こへち)を通って熊野本宮に行き、大峰山脈の縦走路である大峯奥駈道(おおみねおくがけみち)をつたって9月1日に吉野に抜ける10日間の山行でした。
健康と環境

雪が降ったら走る!雪上ランに必要なギアは?

2018年は1月20日に「大寒(だいかん)」を迎え、暦の上でも一年で最も寒い季節が到来しています。1月17日から2月3日までは冬がピークを迎える「冬土用」であり、それが過ぎれば2月4日の「立春」をもって春の兆しが訪れることとなります。 まさに暦の動きに呼応するように、1月22日の本日は全国的に雪や雨。月末に向けて冷え込む日が続く模様です。 僕が現在滞在している広島県北部も例外ではなく雪化粧で、15センチくらいはしっかり積もりました。ここ数日は雪が続きそうですし、峠を越えて島根県に入ればさらにドカドカと降っていることでしょう。
健康と環境

1000km以上を歩く四国遍路を耐えた超丈夫なサンダル「KEENのヨギ(YOGI)」

正直このサンダル、KEENのヨギには驚いています。 何しろ購入したのは2013年の夏前だから、4年半も前のことで、それからと言うものの表題の通り1000km以上もこのサンダルで歩いてきています。もしかしたら1500km位に達してしまっているかもしれません。だいたいサンダルでそんなに歩くのもおかしいのですが、こんなに耐久性があるのもすごいじゃないですか。ソールを見たってまだまだ現役なのが伺えます(私見)。1年くらい普通のサンダルとして使用したクロックスの方がこのヨギ以上にへたってしまいましたし。
タイトルとURLをコピーしました