片手で軽快!マキタ充電式チェーンソー 250mm 18V

マキタの充電式小型チェーンソー。刃の長さは25cm。18Vのリチウムイオン電池。マキタの他の18Vシリーズと同じ電池を共用できる。

片手で余裕で扱える重量なので、無理なくいろんな態勢で使えるのが良い。足場の悪いところも、木に登っての作業もこれなら安全安心。剪定などにももってこいだ。重量は3kg。軽快で疲れないから、注意力を保ちながら作業できる。

太枝や直径20cm未満のさほど太くない木の玉切りをするにも、大袈裟すぎない。大型のチェーンソーのようにマシンの重みで切るほどの威力はないが、これくらいの相手なら申し分ないくらいのパワーは秘めている。パワーは23mlのエンジンチェーンソー相当。

太すぎる木の伐採にはちょっと役不足

薪と建材用に檜を切りまくっているが、20cmくらいまでならストレスなく伐採できる。30cmくらいから非力さを露呈し始めというところか。しかし40cmくらいになると刃の長さもギリギリだし、チェーンソーのパワー不足で、モーターの温度が上がり、自動ストップがかかる。

こうなってくると面倒で、少し待って冷めては始動、また止まる。また始動。そうこうしているうちに電池がなくなってきたりする。

伐採途中で電池がなくなるなんて危なっかしいので、無理は禁物ということになる。これも含めて計画的な作業を要する。マキタの純正18Vバッテリーは電池残量が確認できるので、時々確認できるのは便利。

無理できない感じがノコギリに似ている。要は計画が大事

充電式チェーンソーを扱っていて思うことは、ノコギリに似ているということである。エンジン式チェーンソーとノコギリの間。

燃料さえあればどこまでも行けるエンジン式と違って、充電式は電池残量だけでなく、モーターの様子とも相談しながら作業しなければならない。これがノコギリを使うときの自らの擦り減る体力を注視しながらの作業に似ている。

そして、予備のバッテリーはあると言っても、あまり機械を酷使する気にもならないから、程よいところで作業をやめることにしてる。やりすぎると故障の原因となるのは人も機械も同じ。特に夏季は気をつけようと思う。機械が熱々になるから。

だから作業は計画的になる。夏休み最終日に全ての宿題をやるような作業には、充電式チェーンソーは向いていない。

おかげで大して疲れることもなく作業が終わるので、怪我の心配は少ない。僕は一人で山の中に入っているので、安全第一に安全第一を重ねるくらいがちょうど良い。

混合ガソリンを作る必要もないし、エンジン始動も楽

なんてったって充電式の楽なところは、混合ガソリンを作らなくて良いことだ。我が家はまだ未整備だけれども、自家発電ができるようになれば燃料を完全に自宅で生産し、まかなうことができる。僕は可能な限りそういうポテンシャルのある道具を使って行くつもりだ。

そしてエンジン式と違って、ロープをブンブンと引っ張って始動する手間がないのも大きな魅力の一つなのは、充電式草刈機と同じ。電源スイッチを入れて、ブレーキを切れば、準備完了だ。

気温が低くてエンジンがかかりズラいなんてことも起きないし、女性など、力の弱い人でも始動に苦労することがない。こうやって作業の出鼻が挫かれることがないのは、作業の快適性を担保するためには大事である。

とにかく静かで、振動もない

しかし、エンジン式と違って、始動後のアイドリング音が一切しないので、少しでも使わないときは主電源を切って、ブレーキをかける癖をつけたほうが良い。実は電源が入ってました、というのだけは避けなくてはならない。主電源はボタン一つでオンオフが可能だから、オフにしてもすぐに始動できる。

Sponsered Link

エンジン音がブンブン鳴り響かないし、排気ガスもないので、余計なストレスが溜まらない。人口の多いところで使う必要がある場合も、気楽さが違うはずだ。エンジンの振動がないのも、非常に楽だ。

Sponsered Link

Spread the love
百姓2.0/自給リスト(自足に限らず);野菜、米、塩、味噌、建築、トイレ、経済、国家、獣肉(拾い物)、書籍、映像、音楽 etc /自著『旅をふりかえる旅』https://amzn.to/2Wb1mNs、『下らない生き方』https://amzn.to/2ZEjgKf /
投稿を作成しました 117

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る