ジョージ・オーウェルの『1984』と現代日本

時々書籍の中でも当たり前に使われる「オーウェル的世界」というワードが作家ジョージ・オーウェルの代表作『1984』が描いた全体主義的ディストピアを形容していることからも、もはや一般教養的書物なんだと思えるが、それだけこの世界観は現実的示唆に富んでいる。衝撃的なほどに。そして日本はこの世界が描くところに向かっているとさえ僕には思える。

ビッグブラザー率いる絶対的な独裁政治。私室においても常に行動と言動を監視するテレスクリーン。そこから流れ出るプロパガンダが増長する反体制派への怒り。都合の悪い出来事や人物は過去の文献全てを遡って書き換えられ、歴史もろとも修正される。そんな明らかな歴史の改ざんで生じる記憶の矛盾をも超えて、直ちに政府の方針に合わせる市民の思考。反体制思想を持った人物は実の子供にさえも告発され、投獄される。

さぞ恐ろしい描写に思えるが、今の日本はどうだろう。

自民党の一党独裁。SNS、個人情報、特定秘密保護法。または自己責任論による衆人環視。スキャンダルを起こした芸能人に対する集団的怒り。政府文書の黒塗りや、改ざん、処分。そんな杜撰な政権を与党に据え続ける有権者。流石に反体制思想で投獄されることはないが、そういえば籠池氏は10ヶ月も拘留されてしまっていた。もちろん共謀罪も忘れてはならない。

オーウェル的世界を僕にとって一層恐ろしいものにするのは、ニュースピーク(新語法:Newspeak)という新しい言語だ。それはオールドスピーク(旧語)から語彙数を減らし、さらには単語の持つ意味を限定することなどによって、思索を制限することにある。かの世界での思想犯罪は、反体制行為に及んだ時点ではなく、反体制思想を頭に思い浮かべた時点で取り締まられるのだ。ニュースピークの目的は、そんな思想ができないくらい言語を制限することにある。しからば国民は無思考になり、党の方針に従順になる。ん、今の日本みたいじゃないか。

Sponsered Link

人は自らが発した言語が固有の意味を持っているのを疑わないかもしれないが、果たして本当にそうだろうか。カバンという言葉ひとつとっても、トートバックを連想する人もいれば、バックパックの人もいる。小学生ならランドセルだろうか。すなわち発せられた言葉の意味は、話者の生きてきた環境に大きく左右されるということだ。それは言語というのは厳密な意味では「語り得ない」という欠陥を持っているということになる。

だからある人が失言的な言動をしたときに、真っ向から槍玉にあげて非難していいものだろうかと思うし、それは幼稚だ。「語り得ない」言語を使って果敢に挑戦したものに対しては、聞き手がその言語の欠陥を埋める努力するのがフェアだと思うし。そもそも聞き手の言語体系がその発言を失言ととっているだけかもしれない。

僕の見立てとしては、すぐに他者を否定する人ほど、言語や概念に対して固有の意味を付しているように思え、それがSNSなどに置ける炎上の火種になっているように感じている。実際断定的なワードをよく口にする。まさに異なった視点を持つことを許さないニュースピークさながらじゃないかと思うし、これによって国民が自発的に自警団として他者を糾弾する土壌が醸成されてしまう。

音楽に政治を持ち込むなとか、芸能人が政治の発言をするなとか、政治家はかくあるべきとか、

そんなこと誰が決めたのだろうか。しかしそう思っている人たちは、そうであることを信じて疑わない。そしてなかなか歩み寄ってくれない。社会にそのように誘導されたのかどうかは知らないが、少なくとも社会はそのような決めつけからの脱却を手伝わない。

こうして豊かで示唆にとんだ思考は徐々に失われて行くのだろうか。そんなことがこの日本で進行しているように感じるし、だからこそオーウェル的世界っぽいのである。

未来の行く末を垣間見るには、過去の歴史を紐解くのも一つだが、未来予測、特に最悪な想定としての未来予測たるSFディストピアに学ぶことは多いと思っている。まさに避けられるべきNot To Doリストのようなもので、毒キノコや危険生物を避けるためのサバイバル本のようなものだと、僕はこの本を捉えている。

一九八四年 ジョージ・オーウェル

Sponsered Link

Spread the love
百姓2.0/自給リスト(自足に限らず);野菜、米、塩、味噌、建築、トイレ、経済、国家、獣肉(拾い物)、書籍、映像、音楽 etc /自著『旅をふりかえる旅』https://amzn.to/2Wb1mNs、『下らない生き方』https://amzn.to/2ZEjgKf /
投稿を作成しました 116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る